ホーム ジンブンアトラス ジンブンアトラスの実践例④:アカデミックライティングでの実践

ジンブンアトラスの実践例④:アカデミックライティングでの実践

0
ジンブンアトラスの実践例④:アカデミックライティングでの実践

問いを立てることでテクストをジブンごとにするワークショップ、ジンブンアトラスの実践例を紹介します。

第四回は2022年11月15日にオンライン上で開催された文章講座にて実践したジンブンアトラスの様子を写真付きでお伝えします。初のオンライン開催となった今回はどのようにジンブンアトラスは勧められたのでしょうか。またどのテクストを利用して、実際にどんな問いが出たのでしょうか。

概要

  • 日時:2022年11月15日(火)17:00~18:00
  • 場所:オンライン
  • 参加人数:約25名(高校生から働いている大人までさまざまな人が参加していました)
  • 講座名:多文化共生・統合人間学講義Ⅶ「アカデミックライティング」
  • 内容概要:アカデミックライティングにおいて「書くこと」を見つけるためのジンブンアトラスの実施

採用テクスト

①七転八起海運出世双六

読み:ななころびやおきかいうんしゅっせすごろく。 大正期の正月に一家そろって親しまれた高畠華宵のすごろく。大衆雑誌『講談倶楽部』新年号の附録である。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください